1. ホーム
  2. 次亜塩素酸除菌水なら「ジアのチカラ」

弱酸性 次亜塩素酸除菌水「ジアのチカラ」
        	一般的な次亜塩素酸ナトリウム(※)に比べ、約80倍の除菌力!
        	※同一塩素濃度の場合

「ジアのチカラ」は、安全性と協力な除菌性能を両立したコストパフォーマンスの良い除菌水です。

ここがスゴイ「ジアのチカラ」
        	・ウイルス・食の安全対策に!
        	・濡れた場所でも効果発揮!
        	・安全性の高い成分のみ使用だから安心!
        	・低コストで使い続けやすい!
        	・花粉対策にも使える!

協力な除菌効果・高い安全性

水に近い安全性だから、素材を選ばず使用可能

一般的な次亜塩素酸ナトリウムと何が違うの?

除菌力も扱いやすさも段違い!

次亜塩素酸は、除菌力の強い次亜塩素酸分子(HOCl)と除菌力の弱い次亜塩素酸イオン(ClO¯)からできています。
広く市販されている次亜塩素酸ナトリウムは、pHが12~13(アルカリ性)で除菌力の弱い次亜塩素酸イオンが100%に近い割合で含まれています。この次亜塩素酸ナトリウムのpHを5~6(弱酸性)に調整することで、除菌力の弱い次亜塩素酸イオンのほとんど全てが除菌力の強い次亜塩素酸分子に変わり、除菌力が飛躍的に高まります。
ジアのチカラは、この技術を応用して低い濃度で高い除菌力を発揮するように作られています。

ジアのチカラと一般的な次亜塩素酸ナトリウムの比較

次亜塩素酸水は長期保存に向かない?

製法特許取得の独自技術で長期保存しても除菌効果キープします!

ジアのチカラは、400日たっても有効塩素濃度はほとんど変化しません。
次亜塩素酸の高い除菌能力はそのままに、特許取得の技術により有効塩素濃度を長期にわたって維持します。

アルコール除菌水とは何が違う?

アルコールが効きにくい菌にも有効!

消毒用アルコールで除菌しきれないウイルスにも効果を発揮。また、濡れた場所で効果が薄れてしまう消毒用アルコールに対し、ジアのチカラは濡れた場所でも高い効果を発揮します。

アルコール(エタノール製剤)とジアのチカラの比較

試験データ一覧 ※ジアのチカラ5倍希釈液での試験結果

■ウィルス・菌に対する殺菌効果試験

ウイルス・菌名 試験結果
新型インフルエンザウイルス同型菌 検出されず
抗ノロウイルス効果 遺伝子レベルで細胞を破壊
MRSA菌 検出されず
サルモネラ菌 検出されず
大腸菌群 検出されず
黄色ブドウ球菌 検出されず
腸炎ビブリオ 検出されず
セレウス菌(芽胞菌) 検出されず
クロコウジカビ 検出されず
カンピロバクター 検出されず

■口に入った場合の安全性

経口毒性試験 20ml/kgを単回経口投与で雌雄ともに
死亡例、中毒症状見られず

■皮膚に触れた場合の安全性

ヒト皮膚一次刺激性試験 低刺激性化粧品レベル

■布地に付着したときの影響試験

変退色試験(綿、シルク、ポリエステル、ウール、麻) 水とほぼ同レベル

■アレルゲン低減試験

スギ花粉(CRYJ1) 99.9%低減

■空間噴霧試験(実際の使用空間に近い環境で試験)

試験方法:①菌を植え付けた布(各3枚)を部屋中の17カ所に設置 ②部屋の中央の床に加湿器を設置して”ジアのチカラ”20倍うすめ液を噴霧 ③1時間、3時間、5時間ごとに外して菌数を計測

画像
対照(無処理) 壁面
グラム陰性菌 1,200,000 すべてN.D. すべてN.D.
グラム陽性菌 61,000 すべてN.D. すべてN.D.

▲噴霧3時間後の不織布に残っていた細菌の数(cfu/枚)
初期値はグラム陰性菌が1,100,000cfu/枚、グラム陽性菌が87,000cfu/枚。「N.D.」は検出されなかったことを示す。検出下限は300cfu/枚

ジアのチカラ 商品ラインナップ

商品

【液性】弱酸性 【成分】次亜塩素酸ナトリウム(低塩・低臭素酸タイプ)、pH調整剤日本製

〈ご使用されますスプレーガンについてのお願い〉
金属部品が使用されていないスプレーガンをご使用ください。
当社でも販売しておりますのでお問い合わせください。