1. ホーム
  2. 研究開発
  3. 研究スタッフ

研究スタッフ

  • 関 秀行

    関 秀行 技術顧問
    衣科繊維モノマー合成触媒・医薬成分・分析法・消毒法など54年の研究・開発者人生。水道界の奇人・変人トップも自認。
    レジオネラ菌・一般細薗・真菌(かび)を不活性化する技術開発・商品化の助言・指導・解説資料作成・クレーム処理対応をおこなっています。

    専門分野

    応用化学・電子論&分光学・シーケンス制御・水道工学・殺菌工学

    経歴

    1967年 横浜国立大学工学部卒
    1972年 工業技術院東京工業試験所出向・紫外線加遠式塩素要求量計開発
    以来、用水(浄水・プール水・浴用水など)の塩素消毒および紫外線水処理に携わり、研究・開発してきた。塩素関連の電子論・紫外線処理'分光分析学の在野権威。特許・報文・著書多数。
    1976年~ 株式会社メルス技研 代表取締役
    2010年~ 当社技術顧問
    Flip-Flap消毒法・抗菌剤Pathocut・抗真菌剤MISなどの開発を主導・商品化。

    著作・論文・研究発表

    『水その本質をつかみ磨く』体力健康社(1986)
    『ブール究極の氷づくり』体力健康社(1990)
    『誤解だらけの水道水』草風館(1994)
    『DPD法なんでも質問箱』(2001)
    、『水道&プール水と健康』(2003)、『水の塩素処理とチャネル』(2009)、『環境衛生学の最先端』(2013)、『微生物と不活性化』(2014)、『活性酸素・塩素とその反応性』(2015)、『眼からウロコの感染症対策』(2015)
    上記7著、自社R&Dセンター発刊
    『循環浄化システムの設計マニュアル』イシズチコーポレーシヨン(2010)
    『現代人の血』日本図書刊行会(1997) ※抗体の構造(グロプリンマーカー)から人類の移動足跡と民族形成を論じた人類学書・和田浄(筆名)著
    他、学術報文多数。
  • 石田 智洋

    石田 智洋 専務取締役 新技術開発担当
    文系学部出身の変り種の研究者です。洗浄剤の企画開発に携わって26年。現場での実証をモットーに、使えるケミカルの開発に邁進中。細菌・かびの殺菌・抗菌技術の開発のために、53歳から理科系大学の理学部化学科に通い、2017年学位取得。

    専門分野

    化学(洗浄、殺菌、除菌)、マーケティング、商学、財務、法務

    最終学歴

    早稲田大学商学部卒(商学士、マーケティング専攻)
    東京理科大学理学部第二部化学科(理学士、化学専攻)

    論文・研究発表

    ※以下全て共同研究
    『Study on the antimicrobial effect of mixed digestive preparation include2-Mercaptopyridine N-Oxide』(2014年 室内環境学会)
    『Microorganism pollution investigation of track container and research on sterilization measures』(2013年 室内環境学会)
    『2-メルカプトピリジン-N-オキシド含有複合剤のエアロゾル散布による抗菌効果』(第41回日本防菌防黴学会)
    『貯水槽・浴槽における抜本的レジオネラ対策』(用水と廃水50号)
    『空気中に噴霧された次亜塩素酸の挙動』(用水と廃水57号)
  • 本橋 一真

    本橋 一真 主任研究員
    新規製品から既存製品の改良まで、幅広く研究、開発を行っています。
    お客様目線での製品開発を心がけ、品質検査においては、迅速かつ正確な処理ができるよう努めています。

    専門分野

    化学

    論文・研究発表

    ※以下全て共同研究
    『Study on the antimicrobial effect of mixed digestive preparation include 2-Mercaptopyridine N-Oxide』(2014年 室内環境学会)